【動画 × 活字】で学ぶ、100倍落とし込みnote「【世界一分かりやすい!】初心者がFXを極める超入門バイブル」

画像4

▼本編動画はこちら▼
https://youtu.be/obpUqG7tdMo

どうも、ピエロです。

今回は、「初心者がFXを極める超入門バイブル」っていうタイトルだ。
初心者向けなんだけど、極めるレベルに持っていくための、いわば基礎の部分を世界一わかりやすく解説するぞ。

基礎っていうのは、字の通り「礎(いしずえ)」つまり土台のことだ。
この基礎をしっかりと固めておかないと、後々なにを学んだとしても、100%うまくいかず、応用までたどり着けない。
簡単に言うと、土台がない沼の上には、家を建てられないだろ?

だから今回は、初心者でも立派な家を建てられるように、「FXで重要な8つの基礎」を解説する。
もちろん、俺の個人的な見解も交えて話すから、そこら辺の三流参考書にはない、実戦的な内容も含まれている。

「どういう心構えでFXに向き合っていけばいいのか」っていう一番最初の話から、「初心者から一気に向上するために目指すべきポイント」まで紹介するから、しっかりとついて来いよ!

んじゃ、はじめるぞ。

ポイント①「FXとは何か?」

画像5

🔴本編動画でこの部分を見る(0:44〜)▶︎▶︎ https://youtu.be/obpUqG7tdMo?t=44

そもそも、「FX」とは何なのでしょうか?
FXは、”Foreign Exchange(外国為替)“の略です。
もっとも単純な説明をするなら、「ある国の通貨と、別の国の通貨の交換レート」のこと。

一番わかりやすいのは、「ドル円」ですね。
つまり、「アメリカ(ドル)」と「日本(円)」の関係を表しています。
「USD/JPY」と書くこともありますね。

ドル円の場合、「アメリカが日本よりも強い」と予想されると、上がっていきます。
逆に「アメリカが日本に対して弱くなる」と下がるのがセオリーです。
「ドル高」や「ドル安」なんていう言い方もされますね。
つまりFXは、「2国間で相対的にどちらが強いのか」を決めるためのゲームだと言えます。

2国間の力関係を照らし合わせて、どちらが強いのか、今後どうなるのかを予想し、「売る」か「買う」か決めるのがFXです。

例えば、アメリカが金利を下げたり、大統領がネガティブな発言をしたり、世界には日々こうしたニュースに溢れています。
そして当たり前の話ですが、これらの情報によって、市場に変化が起こります。

後で解説しますが、為替の変化には必ず変動の理由が存在するもの。
ドルが上がったり下がったりするのには、根拠があるんです。
FXというのは、その根拠を事前に察知し、そのうえで2国間の関係を見ながら、売買のタイミングを決めるゲームでしかありません。

これが何よりも重要なので、初心者だけでなく、FXにかかわるすべての人が頭に入れておくべき「基礎」ですね。
ちなみに、テクニカル分析は一切不要です。
今回の動画やnoteで初めてピエロを知った人に言っておきますが、僕はテクニカルを一切すすめませんし、僕自身もやりません。
なぜなら、これも後で説明しますが、何の意味もないからです。

ポイント②「FXは現時点で安いか高いかを決めるゲームでしかない」

画像6

🔴本編動画でこの部分を見る(3:04〜)▶︎▶︎ https://youtu.be/obpUqG7tdMo?t=184

FXのボタンには、「売り」か「買い」しかありません。
初心者の場合、FXを「チャートを見て分析しなきゃいけない」など、変に難しく考えている人も多いでしょう。

そんなことないんです。
FXは売りか買いかの2択しかないので、ごくごく単純
そして「売り」なのか「買い」なのかは、ポイント①で説明した通り、「2国間のどちらが強くてどちらが弱いのか」で予想することができます。

2国間の強弱については、ニュースを見ていればわかることですよね。
オーストラリアを例に考えてみましょう。

オーストラリアはコロナウイルスによる経済的危機から、どんどん追加緩和をしてお金をじゃぶじゃぶ流しています。
お金が流れるという事は、「市場にオーストラリアの通貨が増えていく」という事です。
すると、市場ではオーストラリア通貨の価値が下がります。
貴重だったものが、量が増えることで価値が薄れていくからです。

こうしたニュースから、オーストラリアドルの価格変動が予想できますよね。
このように、ニュースを通じて「考える」のがFXの世界と言えるでしょう。
言ってしまえば、日本人の一般教養として色々なニュースに触れていく中で、日常から得た情報をFXに落とし込んでいくわけですね。

現代では、スマホさえあれば世界中のニュースをリアルタイムで見ることができます。
後はその情報を、「弱い通貨は売られる」「強い通貨は買われる」というセオリーに置き換えるだけです。
正直な話、これこそがFXで一番面白いところと言えるかもしれません。

にもかかわらず、みんなFXを難しく考えすぎる傾向にあります。
その原因が、おおむねテクニカル分析なんですけどね。
チャート分析だとか意味不明なことをやっているから、作業的な面に気を取られた上、よくわからなくなってFXを嫌いになってしまう
でも、FXはそういうものではありません。

この動画やnoteを見ているという時点で、あなたは経済に興味を持っているという事です。
であれば、後はそうして得た情報を、FXに落とし込んでいくだけ。
決して、「ダブルボトム」や「三尊」といった小手先に騙されないでください。
FXは「いろんなことを覚えなきゃいけない」なんてことはありません。
FXに必要な情報は、すでに日常に転がっています

ポイント③「証券口座を開設する」

画像7

🔴本編動画でこの部分を見る(5:31〜)▶︎▶︎ https://youtu.be/obpUqG7tdMo?t=331

ここからは、実戦的な話になります。
FXを始めるには、証券会社に口座を開設しなければなりません。
この時、よく聞かれるのが「海外証券会社」と「国内証券会社」のどちらを選ぶべきか?というもの。

正直な話、どっちでも構いません

ただ、あえて言うのであれば、初心者には海外の証券会社をオススメしています。
なぜなら、国内よりも海外の方が、「レバレッジ」を効かせることができるからです。

ここは重要なので、次で詳しく解説しますね。

ポイント④「レバレッジ」

画像8

🔴本編動画でこの部分を見る(5:41〜)▶︎▶︎ https://youtu.be/obpUqG7tdMo?t=341

レバレッジは、FXの醍醐味ともいえるシステムです。
簡単に言うと、証拠金(自分の元手のお金)以上の売買をするためのもの。

このレバレッジが、国内証券会社だと最大で25倍海外証券会社だと100倍や500倍の取引をすることが可能です。
つまり、海外証券会社の方が、少ない資金でより多く稼げるというわけですね。

これが、ポイント③で海外証券会社をオススメした理由です。

ちなみに、こうした話をすると「レバレッジは怖い」という人がいます。
これ、相当おかしな考えなんですよね。
最初に言った通り、レバレッジは「FXの醍醐味ともいえるシステム」です。
FXをやりたい、と思ってこの動画やnoteを開いておきながら、「でもレバレッジは…」という発想は、考え方が古いというか、ズレていると言わざるを得ません。

そもそも、レバレッジはプラスの材料です。
10万円しかなくても100万円分の取り引きができるというのは、とても大きなアドバンテージと言えるでしょう。
少ない資金で大きく賭けられるほか、利益が載っているタイミングで、その利益をより増幅させることができるのですから。

思うに、レバレッジを怖がるのは、FXで取引をしたことがない人でしょう。
もちろん、あまりにも的外れなことをして、大損をする人も中にはいます。
しかしそれは、レバレッジというシステムを適切に運用しなかっただけのこと。

自転車に乗っていたら転んで怪我をした。だから自転車は使うべきではない
この考え方は、ピーキーすぎますよね。
確かに、自転車で事故を起こすこともあります。
しかし、適切な運用をすれば、とても便利なのは誰もが知っているでしょう。

レバレッジも同様です。
不安定な相場でギャンブルのようにハイレバレッジを賭けるのは、ただの自殺行為。
しかし、適切なタイミングで利用できれば、この上ない武器になります。
下手なやり方さえしなければ、資金を溶かすことも、借金を背負うこともありません。

もしそれでも怖いと感じるのであれば、ピエロのライブ配信を見たり、サロンなどで一緒に実際の取引を繰り返していけば、恐怖はなくなるでしょう。
むしろ、ここぞという時に絶大な威力を発揮する、心強い味方であると気付けるはずです。

仮に、ここまで言ってもまだレバレッジに抵抗を感じるのであれば、それは完全にFXに不向きな性格と言えるでしょう。
そういう人はFXではなく、株をやるべきです。

さて、レバレッジの解説をしたところで、1度ポイント③の証券会社の話に戻ります。
繰り返しになりますが、極論、「海外」「国内」どちらでも構いません。
ただし、レバレッジの観点から、より高く賭けられる海外の方が、100%メリットが大きいと考えています。

仮に、元手の資金が1億円や2億円あるというのであれば、国内の方が安心です。
ただ、この動画やnoteを見ている人のほとんどは、5~10万円、多くても100万円くらいでFXに挑もうとしている人が過半数だと思います。

このレベルであれば、より高いレバレッジを賭けられる海外証券の方が、圧倒的に有利ですね。
FXにおいて、レバレッジは武器です。
ゲームをやる人ならわかると思いますが、戦闘に出るのであればなるべく強い武器を持っていくのがセオリー。

海外の100倍レバレッジと国内の25倍レバレッジは、「強化した武器」と「初期装備の最弱武器」くらいの違いがあることを、よく覚えておいてください。

ポイント⑤「オススメの証券会社」

画像9

🔴本編動画でこの部分を見る(7:28〜)▶︎▶︎ https://youtu.be/obpUqG7tdMo?t=448

せっかくなので、ピエロがチョイスした個人的にオススメな証券会社を紹介しておきましょう。
今回話すのは、以下の4社です。

GMOクリック証券 (国内)
外為オンライン (国内)
Tradeview (海外)
GEMFOREX (海外)

「GMOクリック証券」のメリットは、なんといっても見やすさです。
アプリを入れれば、「プライスボード」で各通貨ペアの値動きをリアルタイムかつ一覧で表示することが可能。

また、スプレッド(手数料)が0.1~0.2など、薄いことも魅力です。
このため、手数料があまり乗っていない、生に近いレートを確認できるわけですね。

マーケットニュースなども充実しているため、ピエロはいつもGMOクリック証券の情報を見ています
基本的に、「情報収集用」という位置づけですね。
見る分にはオススメなので、ぜひ取っておいてほしい口座です。

「外為オンライン」は、GMOに出ていないニュースなども見ることができます。
こちらも、ウォッチ用としてかなりオススメです。
情報周りは、この2つの証券会社で、補完し合いながら使っています。

実際の取引を考えるならば「Tradeview」がかなり優秀です。
世界中に色々な証券会社が存在しますが、ピエロはTradeviewを1番信用しています
世界的に見てもライセンスレベル(取得している国によって、信用度が異なる)は相当高い部類。
出金拒否などもなく、信頼がおける証券会社ですね。

最後は、「GEMFOREX」です。
色々なボーナスがあり、利用するだけでお金が増えるようなシステムが組み込まれています。
少ない資金でもお金を増やしやすく、最初のうちはこういうところをうまく使って増益を図りたいところ。

もちろん、GEMFOREXはTradeviewに比べるとかなりショボく、あまりよくない噂も結構あります。
こうしたことから、メインで使うのはオススメできません

証拠金が100~200万円くらいまでの人は、まずはこうした証券会社でボーナスを使い、種銭を増やしていきましょう。
ある程度増えたら、資金をTradeviewに移して、安全に運用してほしいと思います。

GEMFOREXは、正直なところ僕も信用していません
ただ、僕自身が色々試してきた中で、こうした会社を利用するのが「お金を増やす一番うまいやり方」であるという結論に至りました。

ちなみに、GEMFOREXは法人と個人でそれぞれ口座を作り、それぞれでボーナスを受け取ることも可能です。
こうしたことをうまく活用して、手間なく資金を増やすことも重要ですね。

ポイント⑥「テクニカルの勘違い」

🔴本編動画でこの部分を見る(10:21〜)▶︎▶︎ https://youtu.be/obpUqG7tdMo?t=621

色々な入門書やノウハウサイトを見ると、MACD(マックディー)やらなんやらと、使えないテクニカル分析がいっぱい紹介されています。
何度も言いますが、テクニカル分析なんて不要です。
ピエロからすれば、そんなものは何の意味もありません。

例えば、初心者がこうした本やらサイトで勉強すると、陥りだす典型的なパターンがあります。
まず、平行線を引くんですよね。

いわゆる、「ラインエントリー」や「ブレイク」というやつです。
水平線に戻ってきたら買いだとか、押し目買いや戻り売り…。
こんなので勝てるのであれば、今ごろ世界中のFXプレイヤーが勝っているはずです。
しかし、世界のFX勝者人口はそんなに多くないですよね。
なぜだかわかりますか?

みんな同じような線を引き、みんな同じようなタイミングでエントリーし、みんな同じようなところで負けているからです。
テクニカルという幻想に縛られて、仲良く負けてるわけですね。

テクニカルを真に受けている時点で、FXの世界で勝つことなんて不可能です。
みんながやるノウハウ、みんながやる考え方なんていうものは、100%通用しません

FXというのは、金持ちが牛耳っている市場です。
市場を動かすのは、個人ではなくファンドや資産家。
我々では想像もつかないような金額を持っている連中がゴロゴロおり、そんな奴らが大金をぶち込むだけで、個人のエントリーなんてあっさり消滅します。

FXは、騙し合いと言えます。
投資で1番汚い世界といっても過言ではないかもしれません。
そんな世界で、資産家の動きやファンドのペテンを、テクニカル分析で予測できると思いますか?

こうしたことを鑑みれば、テクニカルがいかに信用できず、自分の大切な資産を預けるに値しないものであることがわかると思います。
FXの世界で生きる以上、今後も「テクニカル」について何度も耳にすることでしょう。
しかし、どのような分析方法であろうと、全部意味がないという事を、今の内からしっかりと頭に刷り込んでおいてください

ポイント⑦「為替は根拠がそろって動くもの」

画像11

🔴本編動画でこの部分を見る(12:36〜)▶︎▶︎ https://youtu.be/obpUqG7tdMo?t=756

レートの上げ下げには、すべてに意味があります
意味のない変動は存在しません。

例えば、動画では「ポンド円」のチャートを表示しています。
撮影時点では、ポンドが大きく上がっています。
この動きにも、もちろん理由があるんです。

この動きに対して、意味を考えず「ダブルボトムだ!」などと言ってフォーメーションを見て判断している奴は、一生勝てないと断言しましょう。
そんなものは結果論でしかありませんし、そんなくだらない議論をしている場合ではありません。

為替は根拠を持って動くもの

その根拠を掘り下げて、次の予測に役立てるのが最重要です。
そうした方法については、ぜひ僕の動画を見て学んでください。
相場に対しては、真摯に向かい合わないと勝てません。
逆に、真摯に向き合うことができれば、必ず勝てるんです。

ポイント⑧「トレーダーではなく相場師を目指せ」

画像12

🔴本編動画でこの部分を見る(13:23〜)▶︎▶︎ https://youtu.be/obpUqG7tdMo?t=803

「トレーダー」で調べると、チャートの分析方法やら、「前の高値の少し上に損切りポイントを置く」だとか、一般的に言われているけどクソの役にも立たないようなことが大量に出てきます。

なので、この動画やnoteを見ている人、そして「ピエロについていこう」と考えた人については、こういった「トレーダー」は絶対に目指さないでください
目指すべきはトレーダーではなく、「相場師」です。

僕は、動画やnoteで一貫して、トレーダーと相場師を分けて考えています。
トレーダーはテクニカル分析や小手先の知識に踊らされるド三流。
一方、FXの世界を理解し、きちんと相場と向き合えるのが一流の相場師です。

つまり、FXを極めるために重要なのは、「相場師を目指す」こと

相場師とは、「なぜポンド円が今140円にいるのか」「なぜドル円が105円の50にいるのか」「なぜオーストラリアが77円を付けているのか」、こうした「レートの意味」を考える人を指します。
決して、チャートの形状に注目したりはしません。

ポイント⑦でも言ったように、為替の動きにはすべてに理由があります。
ニュースや私生活、そうした情報から理由を考え、レートの意味を読み解くことこそ、相場師の仕事と言えるでしょう。

例えば、今だと緩和が重要です。
マネタリーベースは世界中でものすごく増えていますが、国民は潤っていません。
なぜなら、株やFXといった金融市場にお金が流れているからです。
こうしたことをまず理解したうえで、じゃあFX上でどういう立ち回りをしていけばいいか?
これを考えていく必要があります。

このような、「何が起こり」「それによって市場がどうなるか」と言った考え方については、ぼくの動画やサロンで学んでいってください。
こうしたことを、今回紹介した基礎の上に積み上げていけば、やがては立派な家を建てることができるでしょう。

そのためにも、このnoteにある「8つの基礎」は、土台としてしっかりと頭に叩き込んでおいてください

最後に

今回は、初心者向けではあるものの「FXを極めるのに必要な考え方」を紹介した。
ただ、これらの考え方を実践できていない「トレーダー」は非常に多い。
理解しないまま「自称」中級者になったやつらが、でかい声でテクニカルを叫ぶから、新しい被害者が生まれるんだよな…。

ただ、これを見ているお前は、FXで勝つために重要なこと、つまり「相場師」になるための基礎を知ることができた
他の奴らがなんと言おうと、今日ここで学んだことは一生忘れずにしっかりと礎にしてくれ

とりあえず、簡単な話として「なぜレートが変動したのか」について、徹底的に追う事から始めろ。
ニュース1つ1つが組み合わさって、それに対する反応が、レートの上げ下げとして表れるんだ。
そのパズルを解くのが相場師の仕事だし、わかってくるとめちゃくちゃ楽しい部分でもある。

本当にFXで稼ぎたいなら、そういうレベルにならなきゃいけないんだ。
きれいごとを言ったり、テクニカル分析みたいな意味不明なことをやらずに、レートと正面から向き合う「相場師」を目指せ

やる気のあるやつはきっちりサポートするし、俺が相場師のなり方を教えてやる

今回の内容は、FXについてのほんの触りの部分に過ぎない。
「超入門」だしな。
これで興味を持った奴や、もっと詳しく知りたいって奴は、『ピエロのYouTube大学』にアップした動画やnoteを通じて勉強してくれ

俺の提供するコンテンツは、唯一無二だ
いくら本を読んでも、どれだけネットをあさっても出てこない。
10年間を相場で生きた、本物の相場師の考えだからな。

でも、それこそがFXの真実なんだ。
もっと多くの真実を学びたければ、俺のところにこい

それじゃ、チェックテストの時間だ。

せっかく教えたことがきちんと頭に入ったか、確認させてもらうぜ。
どれも今回のnoteにしっかりと書いてあったはずだから、わかるよな?

「初心者がFXを極める超入門バイブル」チェックテスト

問題①:テクニカル分析よりも重要なのは、何の意味?
問題②:FXを極めるなら、何を目指すべき?

回答はよかったら俺のLINEに送ってくれ。
全部、読むし、しっかりやってくれるやつのことは俺も覚えるからな。

▼無料で俺のLINEに登録する

とりあえずLINEで情報受け取るのもアリだぞ

画像7

今回の講義がきちんと身につけば、相場師としてステップアップ間違いなしだ。

だが、もちろん、FXで勝つためには他にもいろんな事に気を付けなくてはならない。

なので、俺は今後も、こんな感じで役立つマインドや情報、それらを話しているYoutubeライブの配信情報とかをLINEで共有していくつもりだ。

もし本気で上を目指すんなら、耳を傾けといて損はないと思うぜ。
そんなわけで、これからも俺からの話を聞きたければ、俺のLINEに登録してくれ。

ただ、マジメに学ぶ気がない奴は来ないでくれよ。
相手するだけ時間のムダだからな。

っつー分けで、LINEで俺からの情報を受け取るために、多少のハードルを設けさせてもらうことにする。

上で出題した、今回のnoteのチェックテスト3問、その回答をラインに送ってくれ。
その回答を見て、「きちんと読んで、本気で学びたいんだな」ってことを確認させてもらう。

ちなみに、”回答おくってくれる=note購入して読んでくれたやつだ”って見分ける意味もある。
どうせなら、がんばってるやつを応援したいからな。

回答だけじゃなくて、ノートを読んで得た学びや気づき、今後どういう風に活用していきたいかなんかも教えてくれると、よりやる気を感じられて嬉しいぜ。

待ってるからな!

▼無料で俺のLINEに登録する

ps
「Twitterでnoteの感想とかRTしても良いですか?」
って質問きたけど、もちろんOK。
シンプルに嬉しいぞ。ありがとな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です