【動画 × 活字】で学ぶ、100倍落とし込みnote 「【限定動画版】FXで絶対にやってはいけない!NGな考え方5選+チャートを見ながら解説!ド素人がよくする質問への回答」

どうも、ピエロです。

スポーツでも人間社会でも、「やっちゃいけないこと」ってあるよな。
知らないかもしれないが、FXにもそういうのあるんだよ。

でも、誰も教えてくれないから、素人やアマチュアは平気でこの「やっちゃいけないこと」をやりまくって、資産を溶かしてる。

こういうNGな考え方を治すだけで、負ける確率はぐっと減るのに、もったいないと思わないか?

俺は、FXを10年以上やっていて億単位の取引もしょっちゅうやってる。

日利1000万を超えることも珍しいことではない。

そんな俺の意見はかなり参考になるはずだ。

ちなみに、今回の内容は、note購入者向け特典として動画収録もしたので、有料部分の開始直後でプレゼントしている。

もちろん落とし込みnoteということで文章もがっつり書いているから、両方あわせて勉強すれば、かなり深く理解できるはずだ。

というわけで、「FXでやっちゃいけないNGな考え方5選」を、順番に解説していくぜ。

それと、動画では実際のチャートを見ながら、俺がよく受ける素人質問に回答している。

おそらくこれを読んでるほとんどのやつが、質問してきたやつと同じ疑問を持っている(=同レベルの素人)だろう。
だから、なんでその質問が素人考えなのかも合わせて、ぜひ参考にしてみてくれ。

それじゃ、はじめるぞ。

(※noteではここから下は有料)

note購入者向け特典動画

早速、note限定動画「FXで絶対にやってはいけない!NGな考え方5選+チャートを見ながら解説!ド素人がよくする質問への回答」をプレゼントします。

天才でもない限り、1回で全部理解して覚えるのはムリだと思うので繰り返し、視聴して勉強してください。

▼限定動画「FXで絶対にやってはいけない!NGな考え方5選+チャートを見ながら解説!ド素人がよくする質問への回答」はコチラ

それでは、ここからは動画の内容を具体的に詳しく解説していきます。

絶対NGな考え方①「過去の相場ばかり見ている」

🔴本編動画でこの部分を見る▶︎▶︎ https://youtu.be/HkiNbqEML4g?t=37(0:37〜)

最初に紹介するダメな思考は、「過去の相場ばかり見るということ。
初心者や負けている人は、大抵この考えに陥っています。

昔の相場やチャートを見て、反復練習をするんですよね。
そしてそれらを検証して、何とか特定のパターンに落とし込みたがります。

今の相場を過去のパターンに当てはめ、どうにかして次の動きを予測しようと言う考えですね。

気持ちはわからくもないですし、確率論としても悪くはないでしょう。
しかし、2020年の相場を思い出してみてください。

コロナショックの影響が大きく出ました。
当然、過去のデータはまったくと言っていいほど通用しません。
そもそも、チャートが機能していなかったことすらありました。

それだけではありません。

最近はAIを導入した取引が相場に参入してきたことで、人間が取引していた頃とは、根本的に動きが変わっています。
いわば、AIに相場を荒らされている状態です。

そんな中で、過去の相場やチャートの動きに固執している人が勝てるはずありません。

今、求められているのは、長期的にどこに向かっているのかを見通す「相場観」です。
相場全体、もっというと世界情勢や金融が、どのように流れているのか見えていないと意味がないんです。

この相場観がないと、初心者によくある「損切りした瞬間に、本来思い描いてた方向に進んで悔しい思いをする」というケースを頻発させてしまいます。
結局のところ、「過去のチャートを見ても意味がない」というわけです。

具体的な例を挙げると、2020年の2~3月はコロナショックで相場が大きく落ち込みました。
しかし、その後はウナギ上りだったんですよね。

この状況に対して、「なぜなのか?」ということを、リアルタイムで考えていかなきゃいけないんです。

こんな大事な時に、過去のチャートを見ているヒマなんてありません。

こういうことをしている、あるいは考えているようでは、今の相場では絶対に勝てないことを肝に銘じてください。

絶対NGな考え方②「無茶なナンピンをしまくる」

🔴本編動画でこの部分を見る▶︎▶︎ https://youtu.be/HkiNbqEML4g?t=163(2:43〜)

FXで売買するときには、明確な理由や根拠がなければなりません。

具体的に言えば、「ダウに連動して上がると予想したから」「金融危機で下がると見込んだから」といった判断材料ですね(実際はもっと複雑な材料や根拠がありますが)。

そして当然のことながら、ナンピンするときにも同様に、きちんとした根拠を必要とします。

※ナンピンとは、予想に反して下がった、あるいは上がったときに、買い足してポジションの平均額を調整すること

これをわかっていない人が多いんですよね。
あなたはナンピンするとき、「なぜその注文をしたのか?」という質問にきちんと答えられますか?

初心者にありがちな例を紹介しましょう。

ある通貨ペアに、100万円を入れたとします。
5万円くらいまでの含み損には耐えていたものの、15万円を超えたあたりでIQが下がり、金額のプレッシャーでどんどんナンピンするという、頭のおかしい注文をしてしまう。
そして最終的に、全部溶けちゃったりする。

そういう経験、ありませんか?

日銀のように、無限ナンピンできるほどの資金があるなら話は別です。
しかし、普通の人は使える金額が決まっており、ナンピンにも限度があります。

もちろん、明確な理由を持っていたり、ロット注文などの管理がきちんとできたうえでのナンピンなら問題ないでしょう。

ナンピンが悪いと言っているのではありません。
「下がったからナンピン」のような、頭の悪い注文をするな、という事です。

こういう買い方をしている人は、2~3ヵ月単位で勝てていたとしても、年間でみると100%負けていたり、退場したりしています。

「無茶なナンピンはしない、ナンピンするときも、きちんと根拠を持って注文する」ということを、徹底してください。

絶対NGな考え方③「数字で利確や損切りを決める」

🔴本編動画でこの部分を見る▶︎▶︎ https://youtu.be/HkiNbqEML4g?t=288(4:48〜)

ナンピンと同じく、損切りや利益確定でさえ、明確な根拠を持たなければなりません。

「これだけ儲けたから」「こんなに含み損出ちゃったから」という理由でする決済は、数字で決めてしまった典型的な失敗パターンです。

含み損が大きくなると、怖気づいて逃げてしまう。
そしてその後、結局予想通りに動いて「あの時損切りしなければ」って後悔するんですよね。

為替では、自分が予想した地点までの道中、どうしても上下運動して波ができます。
つまり、その間、100万円入れていれば15万~20万円程度の含み損は出てしまうものです。

にもかかわらず、ビビッて「含み損が50万60万に増えたらどうしよう」と考えてしまうんですよね。

為替では、そう考えた瞬間、相場に食われます。

いい機会なので、よく覚えておいてください。
「含み損が〇〇万円になった」というのは、あなたの都合です。
あなたの考え、あなたの発想であり、相場には何の影響もありません。

こういった理由で損失が出たのなら、それは相場が悪いのではなく、メンタルの弱いあなたが悪いのです。
もし含み損が怖いのであれば、最初からビビらないロットで注文するべきでしょう。

100万円に対して、30万円含んでも怖くないという人もいれば、15万含んだらもう耐えられない、という人もいます。
それは人それぞれなので、べつに構いません。

大事なのは、自分のメンタルがやられない程度のロット、すなわち適正値を知っておく事です。

「100万円あって、1ロットだけ注文しよう。これなら1円踏まれても、10万円の含み損だ。これなら耐えられる。」
といったように、リスクをあらかじめ想定し、その通りの注文をすればエントリが怖くなることはありません。

エントリを怖がったり、でかすぎる含み損にビビるのは、準備ができていない証拠です。

これがロットに対する考え方であり、リスク管理というもの。

そもそもFXは、株よりも難しい投資です。
為替はメンタルが最重要項目なので、自分都合じゃない考え方を持っていないと、100%勝てません。

数字にビビッて狼狽売りするようなクソ雑魚は、結局どの時代どの相場でも、必ず負けます。

※狼狽売り(ろうばいうり):「あわわ、どうしよう」→決済、というクソダサムーブ

絶対NGな考え方④「チャートばかり見てレートを見ない」

🔴本編動画でこの部分を見る▶︎▶︎ https://youtu.be/HkiNbqEML4g?t=398(6:38〜)

FXや株をやってる人の多くは、なんだかんだ言ってチャートが好きなんだと思います。
かくいう自分もチャートが好きだし、テクニカル分析も好きです。

しかし、それにこだわりすぎると、何よりも大事な「生のレート」が見えなくなってしまいます。

初心者や素人は、チャートを見たときにどうしても形を追っちゃうんですよね。MACDみたいな移動平均がどうだとか、ロウソクがこう動いてるとか。

でも、ピエロが大事だと思うのはチャートではなくレートです。

具体的な相場で例を挙げてみましょう。

2020年5月末、ドル円が107円、もうすぐ108円につきそうな状態でした。
相場全体を見渡すと、ダウや日経平均が上がり、ユーロなんかはコロナ前の高値を更新。世界全体で円が売られていたので、各通貨が上がっていたんですね。
にもかかわらず、ポンド円が133円と、かなりの安値。

この時、チャートを睨むのではなく、レートや相場全体を見て「何かがおかしい」と違和感を持って相関性を考えるべきなんです。

ちなみにピエロはこの時、ポンド円が値ごろであると早い段階で判断し、軽く8,600万円を利確しました。

 

🔴その時の状況については、YouTubeに挙げた【今週のFX戦略】をチェックして下さい

 

ともあれ、レートに対する認識をもっと強めてください。
これを読んでいるあなたは、今のドル円を聞かれて答えられますか?
チャートを追っかけている人って、この質問に答えられない人が本当に多いんです。

おかしいと思いませんか?
「外国為替」ですよ?
なんで値段知らないのに買ってるの?って話になります。

まずは生のレートをもっと見て、実際の金額や相場全体の動きを把握しましょう。

ちなみに、こういう話をすると「じゃあチャートはまったく気にしないの?」とか聞いてくるアホがいます。もちろんチャートも見るし分析もするけど、その上で生のレートが大事だと言っているんです。

絶対NGな考え方⑤「ロットに対する強弱がない」

🔴本編動画でこの部分を見る▶︎▶︎ https://youtu.be/HkiNbqEML4g?t=495(8:15〜)

最後に紹介するNGな考え方は、「ロットやポジションに強弱がない」という事。

例えば、自分の予想に反して含み損が出てしまったので、仕方なく損切りします。しかし、「損切りした」という事は、「その後も上がる見込みがない」と判断したからのはず。

つまり、逆の注文を入れれば、利益に転じることができるわけです。
ポジション転換、いわゆるドテンですね。

しかし、この時、初心者はビビってるのか知りませんが、負けたときと同じロットで行こうとします。

これが、「ロットの強弱がない」という状態ですね。

あなたは1度、負けたんです。
同じロットでやっても、取り返すことなんてできません。
ドテンするなら、ロットを大きくしないと資産を大きくするなんてムリです。

これを怖がっているようでは、いつまでたっても巻き返せません。
損切りなんてものは、1年に何十回、へたしたら何百回とおこります。

その時の切り替えと、一気に資産を増やすためのロットの張り方、つまりロットの強弱を学ぶべきです。

このあたりの練習も必要ですね。

例えば100万円入れて、1ロット取引し、負けたら2ロットに増やす。
それと同時に、勝っているならどんどん追いかけて、根こそぎ取ってやろうと言うレベルの考えを持ちましょう。

しかし、初心者は逆に、勝ってる時に静観しちゃうんですよね。
なぜか上がったり下がったりしているのを追いかけようとせず、黙って待っている。

でも、それじゃダメなんです。

勝っているときこそ、がんがんロットをぶち込むべき。
これがきちんとできると、仮に1年の勝率が3割でも、勝っているときに大きく稼げば、1,000万円が5,000万円にも6,000万円にもなります。

このことからもわかる通り、「勝率」なんてものはただの妄想です。
クソほど小さいpipsで抜いていけば、誰でも9割9分にできます。
その代わり、残った1分でごっそり溶かすんですけどね。

この「ロットの強弱」と「きちんと追っかける」っていうのが、プロとアマの決定的な違いと言えるでしょう。

チャートを見ながらピエロの考え方を学ぶ!~ド素人がよくする質問~

🔴本編動画でこの部分を見る▶︎▶︎ https://youtu.be/HkiNbqEML4g?t=734(12:14〜)

動画では、ここから実際のチャートを見つつ、「ピエロがどう考えているか?」を紹介しています。

例えば、「みんなが損切りを置くポイントが逆にエントリのポイント」であったり、「みんながナンピンしているときは追わずに耐える」「上がっていったっときに追っていく」などなど。

今回のnoteで紹介したNGな考え方の対策を、具体例とともに示しています。

最初のポイントは、「ファンド勢のふるい落としに耐え、大事な局面で追っていく力を貯めておく」という点です。
また、合わせてよくあるド素人質問にも回答。

twitterなどでよくあるのが、「高値を追うたびにポジションが増えていくの、怖くないですか?」というもの。

そもそも、何が怖いんだ?って感じなんです。
これを怖いと思うから、あんたたちは勝てないんだ、と言ってやりたいくらい。

また、ピエロの取引を見た人が「あいつはハイレバ」とか言ってきたりします。
それこそ、相場がまったくわかっていない証拠だと言い切れるんです。

実際はハイレバなのではなく、考え方が逆なだけ。

例えば、実際のオーストラリアのチャートと取引実績を見て、ピエロの考え方を説明しましょう。
確かにパッと見ると、めっちゃ注文している印象です。
しかしよく見てみると、下の方がポジションが重いんですよね。

つまり、安値の時のロットが大きいため、トータルで見ると平均額が低くなっています。

逆に、追いかけて買い足した上の方はロットが軽めなので、仮にガクっと値段が下がっても資産が溶けたりしません。
これはリスクヘッジでもあるため、あえて下の方に平均が来るように調整して構えているんです。

こういうシーンを見せると、かならず「決済して利確しないんですか?」という質問が飛んできます。

せっかくの含み益がなくならないか不安なんでしょうが、ピエロの意図が全然くみ取れていないことがよくわかる質問ですね。

もしここで下の方を決済してしまうと、必然的に平均額が上がってしまいます。
すると値段が下がったときに資産を守ることができないので、リスクヘッジにならないんです。
「利益が出たから決済」というのは負ける原因ですし、もっというと資産を溶かす人の典型的な考え方です。

プロは、リスクヘッジをしながら、きっちり根こそぎ利益をかっさらいます。
20~30pipsしか取れないようでは、へっぽこトレーダーであると自覚すべきでしょう。

※この項目は、チャートを見ながら話しているため動画を視聴しながら読むとより理解が深まります。

NGな考え方をしないためにはどうすればいい?

🔴本編動画でこの部分を見る▶︎▶︎ https://youtu.be/HkiNbqEML4g?t=1235(20:35〜)

ピエロは自分のことを、トレーダーというよりも相場師であると考えています。

では、NGな考え方に支配されず、ピエロのような立派な相場師となるためのマインドや礎はどのように育て、磨けばいいのでしょうか?

その方法は、デモ口座でも過去の相場でもありません。
リアルタイムで鍛えるしかないんです。

生きたレートをもとに、どういう経済や金融のニュースが流れ、相場がどう動いているか、その荒波の中で揉まれないと育ちません。

ピエロは10年間、相場ビジネスを見てきました。

その10年、自分のお金を使い、必死に考え、失敗しながら鍛え上げたんです。
ファンド時代は、5億というレベルのお金を運用しました。

そりゃ、血眼になって関連ニュースを探し、必死に考えますよね。
そのおかげで、10年分のデータは全部、頭の中にあります。

これだけやったからこそ、当時のチャートを見たとき、ここで何があったか、どういうだましがあったか、詳細に思い出すことができます。
繰り返し言いますが、これは自分が、自分のお金を張って相場という戦場を戦い抜いたから。

そして、もしあなたがFXをやるのなら「自分もそういう場で相場師として生きていくんだ」という事をきちんと認識しなければなりません。

為替の世界は、どれだけの猛者がいるのか、どんだけの金持ちが大金をぶっこんでくるのか、これらを覚悟し、何千億や何兆という巨額が動く市場に自分がいる、と自覚してください。

これが本当にできていれば、舐めた取引はできないはずです。
「デモで練習してから行こう」なんていう、甘ったれた世界ではないんです。
いくら事前知識を入れたとしても、生で戦ってきた人には勝てません。

だからこそ、「とにかく揉まれてください」とアドバイスします。

間違えないでほしいのは、「無謀な取引をしろ」と言っているわけではありません。
ロットを小さくして、安全に保つのは大事な戦略です。
安全なロットで、溶けずにどうやって生き残るか、しっかりと身に付けてください!

最後に

どうだ?
FXで絶対にやっちゃいけないNGな考え方、ほとんどやってたんじゃないか?

まぁ、しょうがないと思うよ。誰も教えてくれないから。

ただ、これを読んだあんたは、このnoteや動画にたどり着くほど、しっかりとFXのことを考えてる。

だから、今回教えたことをきちんと実践できれば、相場師としてのレベルが一気に上がること間違いなしだぜ。

というわけで、動画とnoteでせっかく教えたことがきちんと頭に入ったか、確認させてもらう。

どれも今回のnoteにしっかりと書いてあったはずだから、わかるよな?

「FXで絶対にやっちゃいけないNGな考え方」チェックテスト

問題①:FXでナンピンや損切り、利確をするときに必要なものは?
問題②:相場を予想する上で、チャートよりも大事なものとは?
問題③:損切りした後、巻き返すための注意点は?

回答はよかったら俺のLINEに送ってくれ。
全部、読むし、しっかりやってくれるやつのことは俺も覚えるからな。

▼無料で俺のLINEに登録する

友だち追加

このnoteを読んで、一人前の相場師になったと思ったら大間違いだぞ

今日教えたのは、NGな考え方だけだ。
当然、これだけじゃ一人前の相場師にはほど遠いだろ?

俺は毎週金曜日、リアルタイムでライブ配信もしてる。
経済とか金融とか、その週のニュースを交えながら、来週どう動くのかみたいな考え方を公開中だ。

とはいえ、一般向けにやっているライブはせいぜい週に1回

最短最速で相場師になって、しっかりお金を稼ぐとなると、このライブ配信を見ただけじゃ練習量が全然足りない

練習に大事なのは、「質」と「量」だ。

「質」については、俺が提供してるライブ配信やYouTube動画、noteが保証する。
でも「量」については、圧倒的に不足してるんだ。

だから、本気で上を目指したい奴は、量を補強するために俺のサロンに入ってほしい

サロンなら、俺は毎日、情報を発信してる。
つまり毎日、その日に起こったことやニュース、それによる相場の動きについて、俺の考えとお前らの考えをすり合わせることができるんだ。

これはかなり強いぜ。

俺は今、筋トレにハマってるんだが、週1でトレーニングしても、筋肉なんてつかねーんだわ。
週に5日や6日、これだけやって初めて筋肉が目立ってくる。

英会話も同じだろ?
毎日英語をしゃべる環境にいれば、自然と自分もしゃべれるようになる。

練習量と上達速度は、比例するんだ。

俺のサロンに入れば毎日、相場に触れることができる。
もちろん、サロンに入ったからと言って、勝手に相場師のレベルが上がるわけじゃないぞ。

難関大学の医学部を受験していたころ、いい先生に教えてもらっていた。
その人からは、「すぐに答えを求めず、とにかく自分でかたっぱしから調べ、何時間でも悩め」と教わった。

「それだけ悩んで考え抜いて、それでもわからなくて脳みそ疲れ切ったときだけ、先生に頼るんだ。そうしないと力がつかないから。」と言われて、それはまさにその通りだった。

相場も、考え方は似てるぜ。
というかそもそも、相場に答えなんか存在しない。
俺も答えを言っているように聞こえるかもしれんが、それが正解かは誰も知らないんだ。

チャートの動きにしたって、後から理由付けするなんていくらでもできる。
でも、実際に何が起こったのか、その本当のところはわからいのが相場なんだ。
答えを求められても、どこにもない。

だからこそ、その答えに近いであろうものを自分で考え出さなきゃならない。
そのためには、毎日の訓練で感覚を養うしかないんだ。

俺は、この10年間、毎日やってきた。

そんな俺と、これを読んでるお前たちとでは、ハンデがありすぎるだろ?

今からFXを始めようとしてる奴はもちろん、今回の動画やnoteで考えを改めて1から相場師としての人生に向けて出直す奴。

同じニュースを見ても、俺とお前じゃ捉え方が全然違うんだ。

そんな状態で「週1でピエロから技術を盗んでやろう」とかほざいても、盗み切れるわけないだろ?

本当に俺から盗みたいなら、同じ空間に毎日居続けないとムリだ。

相場師マインドは、一朝一夕じゃ身につかない。

残念ながら相場師マインドは、一朝一夕じゃ身につかない。

実際、それに気付き始めている人らを中心に「サロンいつから始まるんですか?って、めっちゃ聞かれるようになってきた。
もう少しではじまるからな。(もしかすると、これを読んでるタイミングによっては始まっているかもしれない。)

本当に学びたい、本気で相場師になりたいってやつは、サロンを活用してくれ。
一緒に戦っていければ良いと思っている。

最初は、俺の言うことをマネするのもアリだ。

ただ、その中で「こういうニュースが出てるのにポジション転換しないのか」「こういうシーンでドテンするんだ」みたいなことを、感覚で掴んでいってほしい。
為替に定石やルールは存在しない。

特に2020年の相場は、かなり難しくなってる。

俺でも負けることが増えたし、ぶっちゃけ勝率も下がってるんだ。
でも言ったろ?勝率は妄想だって。

実際、勝率は下がってても金はしこたま増えてるんだ。

1,000万円以上負けても、そのあと盛り返して3,000万円とか勝ってるんで、「それでいいじゃん」ってスタンス。

結局は、最後に生き残れるかどうかだから。

ちなみに、今日教えた「NGな考え方」については、さらに具体的な改善方法をサロンで解説してる。

こういうのも、ガンガン活用していってくれ。
俺という存在はあくまで、補助輪なんだ。
大事なのは自分で漕ぐこと。
最初は転ぶだろうけど、慣れれば補助輪なしでグングン進めるようになる。

とはいえ、俺はかなり優秀な補助輪だ。
相当プロフェッショナルな相場観を持ってると自負している。
だからこそ、真面目に学べばかなり力がつくはずだぜ。

とりあえずLINEで情報受け取るのもアリだぞ

今回は、FXで絶対にやってはいけないNGな考え方を紹介した。
このダメな考え方を克服できれば、FXで負けることもかなり減るはずだ。

だが、もちろん、FXで勝つためには他にもいろんな事に気を付けなくてはならない。

なので、俺は今後も、こんな感じで役立つマインドや情報、それらを話しているYoutubeライブの配信情報とかをLINEで共有していくつもりだ。

もし本気で上を目指すんなら、耳を傾けといて損はないと思うぜ。
そんなわけで、これからも俺からの話を聞きたければ、俺のLINEに登録してくれ。

ただ、マジメに学ぶ気がない奴は来ないでくれよ。
相手するだけ時間のムダだからな。

っつーわけで、LINEで俺からの情報を受け取るために、多少のハードルを設けさせてもらうことにする。

上で出題した、今回のnoteのチェックテスト3問、その回答をラインに送ってくれ。
その回答を見て、「きちんと読んで、本気で学びたいんだな」ってことを確認させてもらう。

ちなみに、”回答おくってくれる=note購入して読んでくれたやつだ”って見分ける意味もある。
どうせなら、がんばってるやつを応援したいからな。

回答だけじゃなくて、ノートを読んで得た学びや気づき、今後どういう風に活用していきたいかなんかも教えてくれると、よりやる気を感じられて嬉しいぜ。

待ってるからな!

▼無料で俺のLINEに登録する

友だち追加

ps
「Twitterでnoteの感想とかRTしても良いですか?」
って質問きたけど、もちろんOK。
シンプルに嬉しいぞ。ありがとな。

もうフォローしてると思うが、俺のTwitterはここからフォローできるぞ。

https://twitter.com/Pierrot__FX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です